新選組 天然理心流日野道場

天然理心流小具足

天然理心流小具足について

最近の傾向ですが、天然理心流小具足を柔術と称して合気道や柔道の技をそのままに演武しているところが増えました。本来の天然理心流小具足を伝承するために真剣に取り組んでいる者にとっては残念な気持ちになります。小具足は、命のかかった闘いのなかで生き抜くすべとしての武術で、獲物(太刀、小太刀剣術)にプラスした柔術が小具足です。
また、YOU TUBEなどの中には素手同士の組手も流れ、天然理心流柔術といっているところもありますが、残念ながら天然理心流の伝書の中には小具足とは別に二十五前後の柔術の名前が残されていますが、覚え書きは全くありません。つまりは流れている技は天然理心流柔術と称しているものの実態は柔道/合気道の技なのです。
天然理心流日野道場で心がけていることは、まず、小具足を伝書に矛盾ない方の復元と、その過程で小具足の基本の動きに含まれる柔術を導き出すことに専念しています。ただその導き出された柔術も天然理心流柔術として披露はしていません。あくまでも小具足を行う上で必要な柔術の稽古をしているだけなのです。真面目に天然理心流・古武道に取り組む。それが天然理心流日野道場の方針です。本物の天然理心流を演武で感じとってください。興味のある方は、是非、道場に足を運んで体験されることをお勧めいたします。当道場では決して柔道の巴投げはいたしません。

2018年3月、井上松五郎が天然理心流道場を開いた由緒ある日野宿本陣前で演武をしました。
小具足3本をYou Tubeに載せましたが、この三本は伝書に書かれている内容と一致します。
https://youtu.be/Vl4FyIS98mw


(柄砕き 巻揚)

you tubeでは載せていませんが、是非、演武を見る機会があればご確認ください。
受身の稽古を積まなければできない技の1つです。




CONTACT

PAGE TOP